どんな子どもも小児がんになる可能性はある - こどもとがん保険を考える

子どものがん保険プラン 月払保険料1,529円~
子どもの年齢別保険料と契約プラン例をチェック

こどもとがん保険を考える

どんな子どもも小児がんになる可能性はある

最近は、原発・放射能の問題があり、お子様ががんになる可能性について、ご心配かとは思います。

ただ、お子様ががんになる可能性は、「放射能を浴びたから」だけに限らず、様々な原因が考えられ、原因がよくわからないということも多いといわれています。

また、5歳までに、小児がんにかかる患者さんが多いため、お子さんは言語が未発達です。

「どこに、どのような症状が起こっているのか」が、大人のように上手につたえられるお子さんはまずいないため、がんが見つかったときにはかなり進行しているということもあります。

がん保険に加入すれば、充分な治療を受けさせてあげることができますが、できれば「早期にがんを発見し、治療をする」ことが第一です。

日本のどこに住んでいようとも、小児がんにかかる可能性はあることを知り、大人が小児がんの知識をつけ、医療費に関する備えをして、お子さんに充分な医療を受けさせる、という心構えが必要ではないでしょうか?

子どものがん保険プラン 月払保険料1,529円~
子どもの年齢別保険料と契約プラン例をチェック