小児慢性特定疾患医療給付とは? - こどもとがん保険を考える

子どものがん保険プラン 月払保険料1,529円~
子どもの年齢別保険料と契約プラン例をチェック

こどもとがん保険を考える

小児慢性特定疾患医療給付とは?

お子さんがかかる病気のうち、小児慢性特定疾患に指定されている疾患(小児がんもそうです)は、治療が非常に長期間にわらることと、医療費の負担が大きくなることから、都道府県が医療費などを公費で負担するという制度があります。

この制度は、申請しないと受けることができませんので、申請したい場合には地域の保健所に相談に行くようにしましょう。
保健所に行くことで、保健師さんに様々な相談に乗ってもらうこともできるかもしれません。
今は、原発問題などで放射能のことを心配する親御さんが、たくさんいらっしゃいますので、保健師さんや他のお父さん、お母さんとお話しすることでも、ずいぶん楽になるかもしれません。

ところで、小児慢性特定疾患医療給付制度があるなら「こどもにがん保険が必要なのか?」と疑問に思われるかもしれませんね。

がんにかかったお子さんには、病院への付き添いをする親御さんの負担、兄弟がいる場合には、兄弟を誰かに預けるといった負担などが、どうしても生じてしまいます。

その部分をカバーして、お子さんの治療に集中できるように、がん保険に加入されたり、親御さんの保険に「こども特約」などをつけるという方法を取る方もいます。


こどものがん保険おすすめプランはこちら
まずは資料請求をご利用ください。

子どものがん保険プラン 月払保険料1,529円~
子どもの年齢別保険料と契約プラン例をチェック