放射能と子どもの健康 - こどもとがん保険を考える

子どものがん保険プラン 月払保険料1,529円~
子どもの年齢別保険料と契約プラン例をチェック

こどもとがん保険を考える

放射能と子どもの健康

放射能というのは、人間の細胞を破壊するので、大人の方でも「医療上の必要があって、レントゲンやマンモグラフィを撮る場合でも、できるだけ回数を抑えるべき」とされています。

今、日本では、原発事故の放射能による子どもたちの健康への影響が問題になっています。

放射能の影響そのものも将来どういう形で出てくるか、とても心配ですし、「屋外での遊び、部活動などができず、運動不足になり、精神的ストレスも溜まる」「親たちが放射能の話題ばかりしてしまうことで、子どもの精神状態が落ち着かなくなる」といった、様々な健康への影響が出ているのです。

今は、いろんな情報が錯綜しています。
例えば小児がんの発症率といった具体的なリスクもどの程度のものなのか・・・情報の取捨選択がとても難しい状況が続いています。

子どものがん治療費はある程度公費で賄われますし、市区町村が行う、お子さんの医療費を負担する制度なども、利用可能かもしれません。
ただ、本当に万が一の時には専門医による万全の治療をうけさせてやりたいと思うのが親心。
原発事故以降、子ども向けのがん保険の加入を検討される方も増えています。

子ども向けのがん保険は十分な保障をつけても比較的保険料を低く抑えられます。一度子どもさんの保険を見直しておくのも、良い方法かと思います。

子どものがん保険プラン 月払保険料1,529円~
子どもの年齢別保険料と契約プラン例をチェック