こどものがん保険に入るメリット - こどもとがん保険を考える

子どものがん保険プラン 月払保険料1,529円~
子どもの年齢別保険料と契約プラン例をチェック

こどもとがん保険を考える

こどものがん保険に入るメリット

こどもががんになった場合、小児がんが「小児慢性特定疾患治療研究事業」の対象になっているために、健康保険診療の自己負担分(小学校入学前の子どもは2割)の医療費は、公費でまかなわれることになっています。
そのため、治療費に関して心配することは、ほとんどありません。

では、こどものがん保険や、医療保険の特約などをつけるメリットはないのでしょうか?

実は、がんにかかったこどもは、抗がん剤や放射線治療の影響で免疫力が落ちるため、人ごみの中に出て行くことは、極力避けなければなりません。
車での送迎が必要となれば、ご両親のどちらかが仕事を休んだり、やめたりすることになりますので、収入が減ります。交通費もバカになりませんし、小児がんを診てくださる病院が遠方にあれば、近隣の施設に宿泊するといったことも、必要になります。

こどものがん保険は「医療費を確保するため」というよりも、親の収入減や、様々な出費をまかなうために、家計に余裕があれば入っておくと考えるのが良いでしょう。

子どものがん保険プラン 月払保険料1,529円~
子どもの年齢別保険料と契約プラン例をチェック