こどもが病気になった場合の備えは? - こどもとがん保険を考える

子どものがん保険プラン 月払保険料1,529円~
子どもの年齢別保険料と契約プラン例をチェック

こどもとがん保険を考える

こどもが病気になった場合の備えは?

こどもがまだ幼いうちに、病気になった場合には「治療が長引く」「治療費がそれだけかさむ」といった心配があります。
だ、こどもの病気・がんなどは、医療費の助成が受けられるケースも多いため、民間の医療保険やがん保険に加入するかは、よく考えましょう。

とはいえ、こどもを長期間入院させることになると、付き添いの人が使うお金も、それなりの金額になりますので「保障がゼロ」という状態は、さすがに心配だと私は思います。

国が治療費を負担してくれる病気(特定疾患に指定されているものなど)、そうでない病気がありますが、地方自治体によっても、独自の助成制度を設けているところはあります。

また、学資保険に医療特約をつけたり、親の医療保険などに「子ども特約」をつける、という方法で、こどもの治療にかかる費用を、用意するという方法もあります。この場合「親の保険料に、特約をプラスするだけ」という意識から、ついつい過剰に特約をつけてしまうこともありますが、「必要な保障」についてよく考えましょう。


全国の地域密着型保険代理店をご紹介!

子どものがん保険プラン 月払保険料1,529円~
子どもの年齢別保険料と契約プラン例をチェック