こども保険に特約は必要か - こどもとがん保険を考える

子どものがん保険プラン 月払保険料1,529円~
子どもの年齢別保険料と契約プラン例をチェック

こどもとがん保険を考える

こども保険に特約は必要か

こんにちは。今日はがんのお話しではなく、こども保険のことについて考えてみようと思います。
こども保険は、別名、学資保険とも呼ばれますよね。こどもの将来の教育資金を確保するための意味あいが強いことから、そう呼ばれているようです。こどもが生まれたら、まずは、こども保険に加入しよう。そんな考えかたの方も実際に多いのではないでしょうか。

最近のこども保険は、とても多様化していて、良く貯蓄重視型と、保障重視型に分けられることが多いです。貯蓄重視型は、その名の通り、こどもの教育資金を貯蓄することに重点を置いているので、貯蓄率が高い事を優先します。そのかわりに医療保障などがつきません。
また、保障重視型のタイプは、こどもの怪我や入院、がんなど、何かあったときのための保障がついています。保障という安心が付いている分、こどもの教育資金の貯蓄は難しく、元本割れすることなどが指摘されていますね。

この、どちらのタイプがいいかというのは、一概には言えません。
やはり、こどもの教育資金を重視するのか、それとも保障の安心が欲しいのか、それは人によって、そのご家庭によって異なるからです。

そう考えると、私たちが加入を考える、がん保険と同様に、今必要な保障は一体何なのか、そこをクリアにしておくことで、どういったこども保険が自分達にあっているのかが解ってくるはずです。こども保険には貯蓄性だけを求め、こどもの医療保障は別の商品でカバーするというのもひとつの方法でしょう。
こどもの保障は沢山欲しいものですが、保険は賢く選びたいですね。

子どものがん保険プラン 月払保険料1,529円~
子どもの年齢別保険料と契約プラン例をチェック