こどものためにがん保険を考える 続き - こどもとがん保険を考える

子どものがん保険プラン 月払保険料1,529円~
子どもの年齢別保険料と契約プラン例をチェック

こどもとがん保険を考える

こどものためにがん保険を考える 続き

こんにちは。お盆だからでしょうか、こどもがやたら元気です。たまには、こんな風に
こどもと一緒に過ごすのもいいものですね。こどもも喜んでいると思います。

さて、こどもの為に加入するがん保険として、前回から引き続きでお話したいと思うのですが、今回は残りのケース、
■手術給付金 ■通院給付金 ■先進医療給付金 について述べていきます。

■手術給付金
ガンと診断され、手術をしなければならなくなったときにどうしても必要なのが、「手術費用」と「入院費用」です。特に手術の時は、手術の種類によって費用が高いものもありますし、しっかりと手術費をカバーできる保障があった方がよいと思います。
手術給付金ですが、1回の手術で一律の給付を受け取れるものと、手術の種類によって給付金額が変わるタイプがあります。

■通院給付金
近年は医学の進歩により、がんだったとしても、切除手術をしないで、抗がん剤や各種放射線など通院で治療できるようになりました。でも、抗がん剤治療・ホルモン治療ともなれば、ちゃんと治るまでには高額な治療費が掛かります。
そこで役に立つのが通院給付金。
通院給付金は、「入院が条件でなく、がん治療のための通院を保障するもの」であり、通院治療のみの場合でも、お金を受け取れますので安心です。

■先進医療給付金
がんの治療法は、粒子線治療など数多くの方法があります。
先進医療を受ける時、ほぼ100%自己負担ですから、保険の給付金でなんとかカバーしたいですね。治療費全額負担の自由診療や、診断給付金の額で検討してください。

この5つのポイントを考慮してがん保険をチェックすると、
こどもに負担をかけない、自分にあったがん保険が見つけられるのではないでしょうか。

子どものがん保険プラン 月払保険料1,529円~
子どもの年齢別保険料と契約プラン例をチェック