こどもでなくとも、がん保険。 - こどもとがん保険を考える

子どものがん保険プラン 月払保険料1,529円~
子どもの年齢別保険料と契約プラン例をチェック

こどもとがん保険を考える

こどもでなくとも、がん保険。

今日は、こどものお話は置いておいて。
がん保険に焦点を絞ろうと思います。

がん保険って、貯蓄型と掛捨型、どっちがいいのでしょう?
こどものものでなくとも、自分のがん保険を考えたことのある人なら
一度は迷ったのではないでしょうか。

がん保険や医療保険で選ぶとき、両方あるのが、掛け捨て型と貯蓄型。
それぞれにメリットとデメリットがあるようです。
今日はそれについて考えてみましょう。

まずは、掛け捨て型についてですが、掛け捨て型のメリットは、
月々の保険料が安いことがまずあげられると思います。
さらに、若いうちに加入しておけば、保険料は安く、しかも保障内容は
しっかりと充実するという状態になっていきます。

では、デメリットとはなんでしょうか?
掛け捨て型のがん保険の場合、その名の通りですが解約金はない変わりに、
掛けた保険料は決して戻ってきません。
つまり、ずーっと健康で長生きであった場合、
そのお金は戻ってこないのに、
保険料を支払い続けなくてはいけないということになるのです。

次に、貯蓄型です。貯蓄型のがん保険は、ほとんどは解約返還金があります。
途中で解約しても、支払った分の50%くらいは戻ってきます。
健康であれば、保険料を返してもらえるというものも人気があります。

では、デメリットは、というと。
やはり掛け捨て型のがん保険よりも、月々の保険料が高いこと。
これは、解約金があるがゆえのデメリットといえるでしょう。

どちらかというと貯蓄型の方に最近は人気が有るようです。
両方の特性を理解してがん保険を選ぶ必要がありますね。

おすすめサイト ⇒ 保険代理店が年金型商品を奨める理由とは?

子どものがん保険プラン 月払保険料1,529円~
子どもの年齢別保険料と契約プラン例をチェック