家族で加入するがん保険を知ろう - こどもとがん保険を考える

子どものがん保険プラン 月払保険料1,529円~
子どもの年齢別保険料と契約プラン例をチェック

こどもとがん保険を考える

家族で加入するがん保険を知ろう

がん保険の商品はさまざまな種類がありますが、
その中には、1つの契約に夫婦で入れる「夫婦型」や、
こどもを含めた1家族がみんなで入れる「家族型」があります。
保険会社によっては、「家族契約」と呼んだり、「家族特約」といっているところもありますが、それらはほとんど同じ意味合いです。
特にこどもは人数にかかわらず保険料が決まっているので、
こどもがたくさんいるという家庭にはとてもありがたい保険かもしれません。

「別々に入るより手間がかからない」「保険料が安い!」といった理由で、
がん保険に家族型で入る方も多いようです。

そしてこの家族型のタイプには、2つあります。
●夫を「主の被保険者」、妻や子供を「従たる被保険者」とする連生タイプ
●主契約に特約としてついていて、主契約者である被保険者が亡くなると特約の保障も消えてしまうタイプ

大きくわけると、この上記2つに分けられることが出来ます。

また中には、主の被保険者が死亡した時に保険料が免除になるものや、
保険料が払込免除されて更に、妻の保障が生涯続くケースもあります。
主たる被保険者が亡くなって保障が消滅しても、無審査で入り直せるという保険もあり、
保険会社によってがん保険のその内容はさまざまです。

また、こどもの保障については、23歳などの所定年齢が設定されています。
つまり、こどもが23歳になったら、家族のがん保険からは抜かなくてはいけないということです。
家族で加入するがん保険も、しっかりと内容を確認する必要がありますね。

子どものがん保険プラン 月払保険料1,529円~
子どもの年齢別保険料と契約プラン例をチェック