こどものがんの種類 ・ 小児脳腫瘍 - こどもとがん保険を考える

子どものがん保険プラン 月払保険料1,529円~
子どもの年齢別保険料と契約プラン例をチェック

こどもとがん保険を考える

こどものがんの種類 ・ 小児脳腫瘍

こどものがんについてですが、2番目に多いのは小児脳腫瘍なんです。
脳腫瘍には良性と悪性のものがありますが、こどもの場合はほとんど、
約75%が悪性のがんらしいです。発症するのは、5~10歳くらいまで。
小学校に入学して、一番可愛い頃にかかってしまうのは可哀相ですね(>_<)

こどものがん・小児脳腫瘍の症状
・元気がなくなってしまい不機嫌になります。
・哺乳力や食欲がなくなり、嘔吐したり、歩行の際にふらついたりする症状が現れます。
・頭囲が大きくなります。
・斜視や視力に障害が現れるケースもあります。

こどもは、脳腫瘍の場合、頭痛を訴えることは比較的少ないそう。
こどもの元気がなく、体重減少などがみられるときは、一度検査を受けてください。

小児脳腫瘍の治療
治療方法は手術がメインです。場所や範囲によって全摘出が難しいときは
放射線治療と併用することもあります。

こどもの脳腫瘍の手術となると、部位によっても多少異なると思いますが、
なかなか国の保険は適用にならない、特殊な手術が多いのではないでしょうか。
自己負担額はかなり大きなものになることが予想されます。

そうかといって、こどもががんで苦しんでいれば、なんとか早く治ってほしいですし
いい治療を施してやりたいというのが、親の素直な気持ちです。
そんなときにお財布の中身を心配しながら・・・なんていうのは辛いですよね。
がん保険は、そんな家族のためにもきっと必要になるものだと思います。

子どものがん保険プラン 月払保険料1,529円~
子どもの年齢別保険料と契約プラン例をチェック