こどものがんの種類 ・ 小児白血病 - こどもとがん保険を考える

子どものがん保険プラン 月払保険料1,529円~
子どもの年齢別保険料と契約プラン例をチェック

こどもとがん保険を考える

こどものがんの種類 ・ 小児白血病

こどものがん保険を考えるにあたって、
こどものがんそのものについても、知りたいと思い、調べてみました。
がんはいつ発症するか、誰にも分からない病気です。
うちの子には関係ない、と思いたいのですが、そういうわけにもいきませんからね。

さて、こどものがんで、一番多いのは何だと思いますか?

小児のがんで最も多いのが血液のがんといわれる白血病です。
小児白血病と言われるのですが、その原因は不明。
骨髄性白血病やリンパ性白血病などがあるそうですが、そのほとんどは急性リンパ性白血病で、
3、4歳の時に発症するケースが多いようです。
このような白血病細胞が骨髄の中で増殖してしまうと、正常な血液細胞ができにくくなり、
貧血や出血などをはじめとして身体のさまざまな臓器に障害が出てしまいます。

こどものがん・小児白血病の症状
何をしても疲れやすく、元気がありません。顔色も青白くなります。
手足のしびれや痛みを訴えることもあります。
病原菌に対する抵抗力が弱まってしまうので、発熱もよくみられます。
大きな衝撃を受けていないのに、鼻出血や皮下出血が多くなり、
1度出血するとなかなか血が止まりません。

小児白血病の治療
いろいろな薬剤を組み合わせる化学療法がメインです。
薬では治らないケースもあり、そのようなこどもには、造血幹細胞移植(骨髄移植など)を行います。
こどものがんの治療は、大人と比べるとがんの増殖が速く、大変なんだそうです。
ですが、化学療法や放射線療法も、こどもの方が効果が出やすいそう。

がんも完治しやすいそうなので、しっかりと治療を受けさせてあげるためにも
こどものがん保険に入っておけば、出費の不安も軽くなりそうですね。

子どものがん保険プラン 月払保険料1,529円~
子どもの年齢別保険料と契約プラン例をチェック