こどもとがん保険を考える

子どものがん保険プラン 月払保険料1,529円~
子どもの年齢別保険料と契約プラン例をチェック

こどもとがん保険を考える

保険料を支払う期間について考えよう

こどものうちにがん保険に加入すると、月々の保険料は数百円~二千円程度に抑えられることが多いものです。

ただ、0才の子どもががん保険に加入する場合と、20才になってからがん保険に加入する場合を比べると、20年分だけ余計に、保険料を支払うということにもなります。

親の保険に特約をつける形で、こどものがんへの保障を確保するという方法もあります。

ただ、こどもが20才前後になったとき、改めてがん保険に加入するとなると、改めて高い保険料を支払うことにも、なります。

せっかく早期にがん保険に加入するのならば、こどもだけを単独で、がん保険に加入させる形のほうが、一生涯の保険料は抑えられるかもしれません。

原発問題の影響などが心配な今だからこそ、慌ててがん保険に加入するのではなく、落ち着いてこの問題を考えるほうが良いと言えますね。

小児特定慢性疾患などの制度についても知る必要がありますし、家計から、無理のない範囲で支払うことができる保険料についても、ファイナンシャルプランナーなどに相談しながら、よく検討するのが良いでしょう。

こどものうちに、終身タイプのがん保険に加入をすると、保険料が安くてすみ、一生にわたる保障が得られるということになります。
こどもが年齢を重ねていくにつれ、病気になる可能性も高くなります。

大人になって、がん以外の持病を抱えるようになってから、がん保険に加入しようとすると、加入できるがん保険の範囲に、制限が生まれてしまうこともあります。

こどもの医療保障を得る方法として「こども保険」「学資保険」などを活用していくという方法もありますが、これらの保険は満期が来てしまったら、保障もなくなるというものが普通です。

がんというのは、大人になるにつれて、発病する確率が高まるものですから、お子さんがちいさくて元気なうちから、がん保険のことを考えていくと良いでしょう。

お子さんが医療を受けることについては、国や地方自治体が助成を行っています。
これらの制度は、新たに保険料を納める必要もないのですから、積極的に活用していくことをお勧めします。

がん保険に入るのも「今、お子さんの医療費を確保するため」というよりも、長い目で見ての「将来への備え」という意味合いが強いと考えておくのがいいと、私は思います。

最近は、原発・放射能の問題があり、お子様ががんになる可能性について、ご心配かとは思います。

ただ、お子様ががんになる可能性は、「放射能を浴びたから」だけに限らず、様々な原因が考えられ、原因がよくわからないということも多いといわれています。

また、5歳までに、小児がんにかかる患者さんが多いため、お子さんは言語が未発達です。

「どこに、どのような症状が起こっているのか」が、大人のように上手につたえられるお子さんはまずいないため、がんが見つかったときにはかなり進行しているということもあります。

がん保険に加入すれば、充分な治療を受けさせてあげることができますが、できれば「早期にがんを発見し、治療をする」ことが第一です。

日本のどこに住んでいようとも、小児がんにかかる可能性はあることを知り、大人が小児がんの知識をつけ、医療費に関する備えをして、お子さんに充分な医療を受けさせる、という心構えが必要ではないでしょうか?

早く加入するメリットは?

がん保険の難しいところは「いったんガンにかかった場合、その後の再加入が難しい」ということです。
告知なしで加入できる保険もあるのですが、保険料が高額になってしまいます。

今は、原発の問題などがあって、子供たちに将来どういう影響があるのか、非常に心配ですよね。

お子さんの場合は「親御さんの保険に特約をつける」という形で保障を得ることはできるのですが、特約の効力がなくなったときには、改めてお子さん自身が、がん保険に加入しなければなりません。

それまでに、万が一にもガンを発病してしまった場合には、お子さんが今後、がん保険に加入することが難しくなってしまいます。「それでも良い」と考えるなら、お子さんが大人になったときに、その分だけ保険の教育をする必要があると思います。

家庭の経済的な事情などもあるかもしれませんので、一概には言えませんが、どうしてもお子さん単独で、がん保険に加入ができないのなら、どうか将来には、お子さんに保険の大事さを教えてあげてください。

Q.早期にがん保険に入るメリットは?

Q.早期にがん保険に入るメリットは?

A.がん保険には「一度がんにかかった人は、改めてがん保険に加入することが難しい」という点があります。
言い換えれば「がんにならないうちに入っておかなければいけない」ということです。

大人の場合も「がん治療を受けてはじめて、がん保険選びで見落としていたことに気づいたけれど、がん保険に改めて入ることが難しく、後悔ばかりが残っている」というお話を聞くことがあります。

お子さんが小さい間に、がん保険に加入すると保険料はかなり安く、月々の保険料が1000円を切る場合もあります。保険商品によっては、保障が一生涯続くタイプもありますので、小児がんにかかってしまっても、保障は続いて安心というものもあるのです。

放射能問題が気になる昨今ですし、放射能問題とは関係なく、従来より年間およそ2500人のお子さんが、小児がんを発症しているというデータもあります。
将来のための備えとして、こどものがん保険加入を考えるのも良いかと私は思います。

ご両親の収入と子供のがん保険

お子さんががんになった場合でも「小児慢性特定疾患医療給付があるから、医療費の心配は要らない」「お子さんはまだ働いていないので、一家の収入が減るわけじゃない」と考えてしまいがちです。

しかし、小児がんにかかったお子さんには、一人ではできないこと(食事、洗濯、勉強など)がたくさんあり、親御さんの手助けが必要です。

ご両親が仕事を辞めずに、お子さんにも治療を受けさせたいなら、付き添いの方を頼むことが必要であったり、ご兄弟のめんどうも見てもらう必要があったりと出費がかさみます。

また、ご両親によっては「仕事を辞めて、付き添ってあげたい」と考えるかもしれません。

子供のがん保険に加入していると、こういった収入減の部分を、がん保険から受け取る給付金でカバーすることができるでしょう。

ただ「小児がんにはかからない可能性もある」ので、「とにかくたくさんの保障をつければ良い」というわけではなく「お子さんががんをはじめ、長期療養が必要な病気になった場合、どう寄り添っていくのか」を考えた上で、必要な保障に絞ってこどものがん保険に加入しておくのが、良い方法と言えます。

大人の保険に子ども特約をつけるなら?

Q.大人の保険に子ども特約をつけるなら?

A.ご両親が加入しているがん保険に「子ども特約」をつけるという方法があります。
保険会社にもよりますが、子ども単独での保険契約より割安であったり、お子さんが何人いても特約部分の保険料が変わらないというところもあります。

一方で気をつけたいのは「子ども特約」で、保障を受けられるのは「未婚で23歳未満」といった条件があることです。たとえば若くして結婚をされた場合には、保障の対象から外れますし、23歳からは改めてがん保険に加入しなければなりません。

また「子ども特約を解約する」ことは、契約者の側からアクションを起こさなければなりませんので、「保障の対象者がもういないのに、特約の保険料を払い続けている」ということにならないよう、注意が必要です。

気になるのが、放射能問題などで子どもさんががんになってしまった場合のことです。
子ども特約で、今は保障が受けられたとしても、大人になってから改めてがん保険に加入するのが、難しくなるかもしれません。

そういった場合に備えたいのであれば、お子さんの保険を別途契約する必要があるでしょう。

こどものがん保険の保険料

こどもでも加入できるがん保険が、各社から発売されており、月々の保険料が300円や800円などの金額のものもあります。

終身タイプにこどものうちから加入しておくと、将来にわたって保険料が上がりにくいため、ご本人が保険料を負担するようになってからも、メリットが大きいと言えます。

こどもががんにかかる可能性は、中高年の人に比べて低いので、高い保険料を支払い続けるとしたら、デメリットのほうが大きくなってしまいますが、保険料が月々数百円で済むのなら、メリットはありますよね。

原発問題や食品を通しての内部被爆の可能性など、お子さんの健康にどのくらい影響があるのか、将来のことが見えない状況です。

一番良いのは、一生涯を通してがんにかからないことなのですが、放射能問題を個人の力で解決することが難しく、放射能問題は別としても、中高年になればがんにかかる可能性は増すでしょう。

その場合の備えとして「こどもの頃からがん保険に入り、継続して保険に加入しておく」というのも、良い方法かと思います。

小児慢性特定疾患医療給付とは?

お子さんがかかる病気のうち、小児慢性特定疾患に指定されている疾患(小児がんもそうです)は、治療が非常に長期間にわらることと、医療費の負担が大きくなることから、都道府県が医療費などを公費で負担するという制度があります。

この制度は、申請しないと受けることができませんので、申請したい場合には地域の保健所に相談に行くようにしましょう。
保健所に行くことで、保健師さんに様々な相談に乗ってもらうこともできるかもしれません。
今は、原発問題などで放射能のことを心配する親御さんが、たくさんいらっしゃいますので、保健師さんや他のお父さん、お母さんとお話しすることでも、ずいぶん楽になるかもしれません。

ところで、小児慢性特定疾患医療給付制度があるなら「こどもにがん保険が必要なのか?」と疑問に思われるかもしれませんね。

がんにかかったお子さんには、病院への付き添いをする親御さんの負担、兄弟がいる場合には、兄弟を誰かに預けるといった負担などが、どうしても生じてしまいます。

その部分をカバーして、お子さんの治療に集中できるように、がん保険に加入されたり、親御さんの保険に「こども特約」などをつけるという方法を取る方もいます。


こどものがん保険おすすめプランはこちら
まずは資料請求をご利用ください。

放射能と子どもの健康

放射能というのは、人間の細胞を破壊するので、大人の方でも「医療上の必要があって、レントゲンやマンモグラフィを撮る場合でも、できるだけ回数を抑えるべき」とされています。

今、日本では、原発事故の放射能による子どもたちの健康への影響が問題になっています。

放射能の影響そのものも将来どういう形で出てくるか、とても心配ですし、「屋外での遊び、部活動などができず、運動不足になり、精神的ストレスも溜まる」「親たちが放射能の話題ばかりしてしまうことで、子どもの精神状態が落ち着かなくなる」といった、様々な健康への影響が出ているのです。

今は、いろんな情報が錯綜しています。
例えば小児がんの発症率といった具体的なリスクもどの程度のものなのか・・・情報の取捨選択がとても難しい状況が続いています。

子どものがん治療費はある程度公費で賄われますし、市区町村が行う、お子さんの医療費を負担する制度なども、利用可能かもしれません。
ただ、本当に万が一の時には専門医による万全の治療をうけさせてやりたいと思うのが親心。
原発事故以降、子ども向けのがん保険の加入を検討される方も増えています。

子ども向けのがん保険は十分な保障をつけても比較的保険料を低く抑えられます。一度子どもさんの保険を見直しておくのも、良い方法かと思います。

子どものがん保険プラン 月払保険料1,529円~
子どもの年齢別保険料と契約プラン例をチェック