こどもとがん保険を考える

子どものがん保険プラン 月払保険料1,529円~
子どもの年齢別保険料と契約プラン例をチェック

こどものがん保険

「がん」の備えは、お子様にも大切です。

1.小児がんの約3人に1人は白血病。

子供のおこる悪性腫瘍を総称して、「小児がん」といいます。
小児がんは、子供たちにとって大きな脅威です。

2.小児がんは、死因の上位。

小児がんは、子供の死因の上位を占めています。
もしもの時の備えが大切です。

3.小児がん患者の約7割は生存できるといわれています。

小児がんは死因の上位ですが、化学療法、放射線治療に極めて高い感受性を
持つものが多いという特徴があります。

外科的治療、放射線治療、それに加えた集中的治療によって「小児がん」と診断された
子供たちの約7割は長期生存できるようになってきたといわれています。

だからこそ、小児がんの子供たちは、小児がんの治療に習熟した専門医によって、
最適な治療を受ける必要があります。

こどもとがん保険を考える

こどものうちにがん保険に加入すると、月々の保険料は数百円~二千円程度に抑えられることが多いものです。

ただ、0才の子どもががん保険に加入する場合と、20才になってからがん保険に加入する場合を比べると、20年分だけ余計に、保険料を支払うということにもなります。

親の保険に特約をつける形で、こどものがんへの保障を確保するという方法もあります。

ただ、こどもが20才前後になったとき、改めてがん保険に加入するとなると、改めて高い保険料を支払うことにも、なります。

せっかく早期にがん保険に加入するのならば、こどもだけを単独で、がん保険に加入させる形のほうが、一生涯の保険料は抑えられるかもしれません。

原発問題の影響などが心配な今だからこそ、慌ててがん保険に加入するのではなく、落ち着いてこの問題を考えるほうが良いと言えますね。

小児特定慢性疾患などの制度についても知る必要がありますし、家計から、無理のない範囲で支払うことができる保険料についても、ファイナンシャルプランナーなどに相談しながら、よく検討するのが良いでしょう。

こどものうちに、終身タイプのがん保険に加入をすると、保険料が安くてすみ、一生にわたる保障が得られるということになります。
こどもが年齢を重ねていくにつれ、病気になる可能性も高くなります。

大人になって、がん以外の持病を抱えるようになってから、がん保険に加入しようとすると、加入できるがん保険の範囲に、制限が生まれてしまうこともあります。

こどもの医療保障を得る方法として「こども保険」「学資保険」などを活用していくという方法もありますが、これらの保険は満期が来てしまったら、保障もなくなるというものが普通です。

がんというのは、大人になるにつれて、発病する確率が高まるものですから、お子さんがちいさくて元気なうちから、がん保険のことを考えていくと良いでしょう。

お子さんが医療を受けることについては、国や地方自治体が助成を行っています。
これらの制度は、新たに保険料を納める必要もないのですから、積極的に活用していくことをお勧めします。

がん保険に入るのも「今、お子さんの医療費を確保するため」というよりも、長い目で見ての「将来への備え」という意味合いが強いと考えておくのがいいと、私は思います。

最近は、原発・放射能の問題があり、お子様ががんになる可能性について、ご心配かとは思います。

ただ、お子様ががんになる可能性は、「放射能を浴びたから」だけに限らず、様々な原因が考えられ、原因がよくわからないということも多いといわれています。

また、5歳までに、小児がんにかかる患者さんが多いため、お子さんは言語が未発達です。

「どこに、どのような症状が起こっているのか」が、大人のように上手につたえられるお子さんはまずいないため、がんが見つかったときにはかなり進行しているということもあります。

がん保険に加入すれば、充分な治療を受けさせてあげることができますが、できれば「早期にがんを発見し、治療をする」ことが第一です。

日本のどこに住んでいようとも、小児がんにかかる可能性はあることを知り、大人が小児がんの知識をつけ、医療費に関する備えをして、お子さんに充分な医療を受けさせる、という心構えが必要ではないでしょうか?

早く加入するメリットは?

がん保険の難しいところは「いったんガンにかかった場合、その後の再加入が難しい」ということです。
告知なしで加入できる保険もあるのですが、保険料が高額になってしまいます。

今は、原発の問題などがあって、子供たちに将来どういう影響があるのか、非常に心配ですよね。

お子さんの場合は「親御さんの保険に特約をつける」という形で保障を得ることはできるのですが、特約の効力がなくなったときには、改めてお子さん自身が、がん保険に加入しなければなりません。

それまでに、万が一にもガンを発病してしまった場合には、お子さんが今後、がん保険に加入することが難しくなってしまいます。「それでも良い」と考えるなら、お子さんが大人になったときに、その分だけ保険の教育をする必要があると思います。

家庭の経済的な事情などもあるかもしれませんので、一概には言えませんが、どうしてもお子さん単独で、がん保険に加入ができないのなら、どうか将来には、お子さんに保険の大事さを教えてあげてください。

Q.早期にがん保険に入るメリットは?

A.がん保険には「一度がんにかかった人は、改めてがん保険に加入することが難しい」という点があります。
言い換えれば「がんにならないうちに入っておかなければいけない」ということです。

大人の場合も「がん治療を受けてはじめて、がん保険選びで見落としていたことに気づいたけれど、がん保険に改めて入ることが難しく、後悔ばかりが残っている」というお話を聞くことがあります。

お子さんが小さい間に、がん保険に加入すると保険料はかなり安く、月々の保険料が1000円を切る場合もあります。保険商品によっては、保障が一生涯続くタイプもありますので、小児がんにかかってしまっても、保障は続いて安心というものもあるのです。

放射能問題が気になる昨今ですし、放射能問題とは関係なく、従来より年間およそ2500人のお子さんが、小児がんを発症しているというデータもあります。
将来のための備えとして、こどものがん保険加入を考えるのも良いかと私は思います。

子どものがん保険プラン 月払保険料1,529円~
子どもの年齢別保険料と契約プラン例をチェック